Logo icon cloodo.com
Logo cloodo.com

Menu

icon search
Workspace
  • Login
cloodo - project Listing - BizWizely
BizWizely

BizWizely

Rating Cloodo

9 Reviews - Trustscore 5

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

About Up BizWizely

Now get mobile apps with the BizWizely. Redefine your online business with native apps for both Android & iOS.

  1. Install this plugin to get Android and iOS App for you Woo-Commerce store.
  2. Grow your Business with our Android and iOS Mobile App.
  3. Position your brand with a beautifully designed Mobile App.
  4. Send unlimited personalized push notifications.
  5. Increase sales with an easy checkout procedure.
  6. Your App will be compatible with 100+ WooCommerce plugins.

WHAT DOES THE BIZWIZELY PLUGIN DO?
The BizWizely plugin essentially connects your WordPress website with the app created by us. Once you download and activate the plugin, all the content from your website will automatically and instantly be integrated on your app as well.

Native WooCommerce app features provided by BizWizely

  • 100% native apps
  • iOS and Android app
  • 100+ WooCommerce plugin integrated
  • Integrated with top Payment gateways
  • Easily customizable
  • Multilingual support
  • RTL support
  • Customizable themes
  • Live chat support
  • Personalized push notifications
  • Social Logins
  • Product filtering and sorting
  • Google and Facebook analytics integrated
  • Supports catalog mode
  • Featured grocery apps
  • Order tracking
  • Easy Product shipping
  • Integrated will all WordPress plugin

QUICK LINKS
* Website
* Prduct Features
* Customer Success Stories
*

READ MORE

Screenshots for BizWizely

screenshots
screenshots
screenshots
screenshots
screenshots
WR
Rating Cloodo

Reviews 9

Filter by:

Excellent
100%
Great
0%
Average
0%
Poor
0%
Bad
0%

BizWizely FAQ

Projects Statistics

License

Free

Latest update

2022-09-22

Platform

PHP

OS

Plugin

App

Reviews

9

About BizWizely Project on Cloodo

Loading...

Latest client reviews for BizWizely

Gamechanger for my online business. The design righly matches with my brand. Got the custom look for the app which my customers love and it is definately worth it.

Review on February 11, 2022

BizWizely was really helpful in getting Apps up and running. The App works great for wholesale and multiple products and category groups with different pricing.

Review on February 11, 2022

BizWizely and their supporters are awesome! I had an issue with my app, and they solved it great! I highly recommend it to all people around the world.

Review on February 11, 2022

Other listing with the same category with BizWizely

You may want to download some other project

Logo Project 12 Step Meeting List
Rating of Project 12 Step Meeting List on Cloodo

25 Reviews

12 Step Meeting List

This plugin helps twelve step recovery programs list their meetings. It standardizes addresses, and displays results in a searchable list and map. It’s also the easiest way for Alcoholics Anonymous service entities to get listed in the Meeting Guide mobile app for iOS and Android devices. This plugin was originally designed to maintain a list of A.A. meetings in Santa Clara County, CA. It is being used to provide meeting information for AA and other 12-step/recovery groups around the world. Notes The Meeting Notes field is for any non-standardized meeting info, such as Basement, or Building C Location should be a simple place-name, eg Queen of the Valley Hospital Address should only be the address; no “Upstairs” or “Building C” or “Near 2nd Ave” You can fill in a very basic address and then when you tab away from that field you will see it try to standardize the address for you. If you write “1000 trancas, napa” it will replace it with “1000 Trancas St, Napa, CA 94558, USA.”

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Add custom page template
Rating of Project Add custom page template on Cloodo

7 Reviews

Add custom page template

Add template files through admin screen, And view listing for all custom template files in theme with linked pages. Easy to use and helpful for theme developers to check template connection to pages and help find out the exact file.

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Throws SPAM Away
Rating of Project Throws SPAM Away on Cloodo

5 Reviews

Throws SPAM Away

海外からのコメントスパムに対抗(?)する手段として開発したプラグインですが 現在下記のフィルタでスパム判定しています。 ・日本語判定(日本語を含むかどうか)  コメント欄に日本語文字列が含まれていないと投稿出来ない・・・  といってもエラーにするのではなく「無視」して何事もなかったようにもとの記事に戻ります。  [設定にてON/OFF出来ます。]  ダブルバイトをカウントするのではなく正規表現により日本語を検出しているため、ダブルバイトの他言語も侵入してきません。  [設定にてON/OFF出来ます。]  記事のタイトルを利用して「日本語を含むこと」の条件を回避するふとどきものを排除するため  「タイトルの文字列はカウントしない」機能を作りました。 ・NGキーワード判定  NGキーワードを複数設定することが出来ます。(カンマ区切りにて設定)  日本語の文章であっても設定された「NGキーワード」を含む投稿の場合は、同様に無視します。  もちろん他の言語のキーワードでもOKです。  日本語が一切入っていないコメントでも「NGキーワード」だけ設定したい場合を想定し  日本語が入っていないと許可しない設定を「オン・オフ」出来るようになっています。 ・リンク含有数判定  リンクと思わしき’http’を含んだ文字列が許容数(初期設定は3つ)を超えて包含される場合にエラーとします。 ・ダミー項目による判定(スパムロボット対策)  空のダミーフィールドを生成しJavaScriptでの制御を行うことでスパム判定します。(停止も可能です)  ※スパムプログラムによる投稿に有効です。実際に入力しようとしてもその項目は見えないようになっています。  [設定にてON/OFF出来ます。] ・IPアドレスによる判定  指定IPアドレスからの投稿をスパムとして処理します。  以前スパムとしてチェックした投稿のIPアドレス及び、任意のIPアドレスでの制御も出来るようになっています。  【拒否リスト】   拒否リストに登録したIPアドレスからの投稿をスパム処理します。  【許可リスト】   許可リストに登録したIPアドレスからの投稿はすべてのフィルタを通しませんので優先的に通常コメントとしてノーチェックで投稿処理がなされます。 ※許可リストが一番強力にしてありますので、このIPアドレスがAkismetで捉えられていてもブロック対象だったとしても優先で通過させます。  【許可リストのみ許可するフラグ】   許可リストに登録したIPアドレスのみ許可するフラグをチェックすると許可リスト登録IP以外は無視されるようになります。   このフラグが付いている場合は本来ノーチェックだった許可リストへIPアドレスチェック以外が行われるようになります。 IPアドレスの指定「ブロックリスト」「許可リスト」共に「改行」区切りで複数入力できますが、「192.168.1.0/24」のようにIPアドレスの範囲指定も可能です。 ※例:192.168.0.1,192.168.1.0/24,69.208.0.0/16 と指定した場合  [192.168.0.1]と[192.168.1.0 ~ 192.168.1.255]と[69.208.0.0 ~ 69.208.255.255]のIPアドレスを拒否(または優先通過)対象とします。 ・スパムフィルタによる判定  このプラグインにて「スパムフィルタ」として利用させて頂いておりました「スパムちゃんぷるー(ベータ)」http://spam-champuru.livedoor.com/dnsbl/  ですが、「2013年5月31日を持ちましてサービスを終了させていただくことになりました。」というアナウンスを受けながらも  (参考URL:http://blog.livedoor.jp/edge_labs/archives/1791613.html )現在まで利用させて頂いてまいりました。  ですが、2014年の締めくくりとしてこのままXデーを迎えるわけにもいかないという判断でこのスパムフィルタを組み合わせられるように構築しなおしました。  選択肢は「bsb.spamlookup.net, bsb.empty.us, list.dsbl.org, all.rbl.jp」から自由に選択出来、プラスご自由に記入出来るように入力欄を設けました。  これらの「選択肢」「自由記入欄」はリストとしてミックスされフィルタとして利用することになります。  ※そのため、数が多いとその分、待ち時間・トラフィックが大きくなることはご注意ください。  ※利用できる間は「dnsbl.spam-champuru.livedoor.com」も設定することは可能です。  最後に「すぱむちゃんぷるー」を利用させていただきまして大変ありがとうございました。  設定にてON/OFF出来ます。 ○スパムデータベースでスパム投稿の増減を確認出来ます。 表示期間を設定出来ますのでお好みの周期を設定してください。 また表示期間を過ぎたデータを削除することも可能です。 ※あまりにも解析処理に時間がかかるようでしたら過去のデータを削除することをお試し下さい。 テストなどでスパム投稿したIPアドレスはスパム投稿一覧よりボタンひとつで削除出来ます。 ※コメント投稿時のスパムコメント対応の煩わしさが原因で作ったものですのでスパム判定されたコメントを保持しておりません。 — これまでの変更点について ・バージョン 3.2.5 スパムデータ削除時のDELETE発行処理を修正 テーブル存在確認方法を変更 ・バージョン 3.2.4 スパムデータ削除時のDELETE発行処理を改修 ・バージョン 3.2.2, 3.2.3 テンプレートの作りによって JavaScript エラーがあったため修正 ・バージョン 3.2.1 テーマによって JavaScript エラーがあったため修正 ・バージョン 3.2 jQuery で処理していた部分を JavaScript に書き換え。 pre_comment_on_post から preprocess_comment にて処理を行うように変更 IP拒否リスト、許可リスト の不具合を修正 ・バージョン 3.1.4 表記の変更を行いました。 ・バージョン 3.1.3 WordPress5.4 動作確認 PHP7.4 対応確認 ・バージョン 3.1.2 throws_spam_away.class.php を単体利用した際に出力される Warningを修正 ・バージョン 3.1.1 PHP7.3までの対応 ・バージョン 3.0 スパムコメントの一括削除機能 ・バージョン 2.9 国際化対応 コメントバリデーション部分にapply_filters 2つ追加 $result_valid = apply_filters( ‘tsa_validate_comment’, $this->validate_comment( $author, $comment, array( ‘post_id’ => $post_id, ‘tsa_on_flg’ => $tsa_on_flg ) ), $author, $comment, $post_id, $tsa_on_flg ); return apply_filters( ‘tsa_validate_comment_result’, $result_valid ); バリデーション方法追加または変更可能にし バリデーション結果自体も変更可能にしました。 ・バージョン 2.8.2 2016/12/1 ロードバランサ経由のクライアントIP取得ができるように HTTP_X_FORWARDED_FOR を取得するようにしました。 JavaScriptの不具合修正 ・バージョン 2.8.1 2016/5/14 許可リストIPアドレスのチェックメソッドの不具合を修正しました。 ・バージョン 2.8 2016/5/2 許可リスト登録IPアドレスだけを許可するフラグを追加 このフラグが「する」になっている場合は・・・   許可リストに登録したIPアドレスのみ許可するフラグをチェックすると許可リスト登録IP以外は無視されるようになります。   このフラグが付いている場合は本来ノーチェックだった許可リストへIPアドレスチェック以外が行われるようになります。   このバージョンでは許可リストをトラックバックには適用しておりません。 ・バージョン 2.7.1 2015/11/16 スパム判定の初期値設定を判定メソッド内部に移動。 外部からの利用時にThrows SPAM Away 側の設定が活用できるようにした。 mb_split 関数を explode に変更 ・バージョン 2.7 2015/10/24 スパム判定メソッドを整理し外部から利用できるようにした。 ・バージョン 2.6.10 管理画面レイアウト崩れ修正 ・バージョン2.6.9 2015/7/25 すぱむちゃんぷるーの代替スパムフィルタが判定の不具合となる危険性がありましたので一度機能削除しました。 テキストでリストを記述されている場合はそのまま稼働します。 ダミー項目機能において一部テーマで隠しフィールドが表示されてしまう不具合報告がありましたので修正しました。 ・バージョン2.6.8 2015/5/12 スパム排除が目的なのにスパムが溜まる矛盾を解決すべく「スパムデータベースへの保存」を デフォルト OFF にしました。 スパムデータベースの最小保存期間を 3日から 1日に変更しました。 スパムデータベースからすべてのデータを削除出来るようになりました。 アンインストール時にスパムデータテーブルの削除を行うようにしました。 またアンインストール時に一部optionsに格納されるパラメータが削除されていなかった不具合を修正しました。   WordPress非推奨の部分を一掃しデバッグモードにてエラー(Warning)が表示されていた部分を修正しました。 ・バージョン2.6.7 2015/4/3 コメント欄の無いページではスクリプトの読込みを行わないように制御を追加 ・バージョン2.6.5 2014/12/22 スパムフィルタを自身で設定できるように変更しました。 選択肢「bsb.spamlookup.net, bsb.empty.us, list.dsbl.org, all.rbl.jp」 及び自由記入欄にてカンマ区切りでサービスのURLを入力できます。 ※記述に誤りがありますと通信が返ってこないためコメント出来ない可能性がありますのでご注意ください。 スパムデータベースの最小保存期間を 7日から 3日に変更しました。 プラグイン作成者のwordpress.orgネームが間違えていた(IDにしていた)ためプラグインページにプロフィールリンクが 表示されていない大変寂しい結果になっておりました。今バージョンより修正いたします。 ・バージョン2.6.4 2014/06/23 タイトルの文字列をそのまま流用し「日本語」を使うことでフィルタを回避しようとする方法を排除するため タイトル文字列を排除してカウントする機能を追加。(デフォルトで効くようになっています。) 「日本語文字列含有数」については、この「タイトル」に使用されている文字列を除いた数をカウントするようになります。 例)タイトルに使用された文字は「えーびーしー」という文字列の場合、「え」「び」「し」「ー」が何度出現してもカウントされません。   「びしえー」というように文字列を入れ替えても「えー びー しー」とスペースを入れても関係なくカウントされなくなります。 JSファイルの $ を jQuery に変更。 ・バージョン2.6.3 2014/06/06 スパムデータベースの表示速度を向上するため スパムコメントの表示を個別画面へ移動(エラーをクリック) スパムの区別が「すぱむちゃんぷるー」でも「指定IP」でも同一「ブロックIPアドレス」であったが 「すぱむちゃんぷるー」を分けて表示するようにした。これにより拒否リストから外せる場合が増えるはずです。 管理画面の見栄えを変更しました。 ・バージョン2.6.2 スパム対策設定の初期値を長年の研究の末の「最適」であろう設定値にしました。 デフォルト値として項目の下に記載しています。長年ご利用の方は、参考に調整してください。 IE8にてJavaScriptエラーとなっていた箇所があり、「tsa_param.js」を修正いたしました。大変ご迷惑をお掛けいたしました。 ・バージョン2.6.1 スパムデータベースの表示に時間がかかるため「設定」部分と「スパムデータ」表示画面の2メニュー構成に変更しました。 すぱむチャンプルーによる捕捉の場合にエラータイプが正しく表示されていない不具合を修正しました。 スパム投稿内容によって画面が崩れる不具合を修正しました。 ・バージョン2.6 コメント欄に隠しフィールドを生成しその項目に入力があればスパム判定する機能を追加。 スパムデータベースに[error_type]を追加。なにが原因でスパム判定されたかとスパム投稿の内容をスパムデータベースで保存(255バイトのみ) スパム一覧に少し表示するようにしました。 ※データベースを直接参照すれば最新以外のスパム内容もわかります。(wp_)tsa_spamテーブルです。authorとcommentのみ格納しています。 個人的にThrows SPAM Awayの設定内容をどこかに保存しておきたい場合がありましたので、そのためのメモ欄を追加しました。 これは便利機能なだけで本体機能自体とはなんら関係ありませんのでご自由にお使い下さい。 ・バージョン2.5.2.1 管理画面の微妙な調整を行いました。 ・バージョン2.5.2 バージョン2.5.1で許可リスト等機能ブロックが無くなってしまったミステイクがあったため精査し機能を戻しました。 大変失礼いたしました。設定されていたデータはそのまま残っていると思いますが、保証はいたしかねますのでご確認のほどよろしくお願いいたします。 ・バージョン2.5.1 「日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)」の文言表示する際の表示位置をフォーム内部の「送信」ボタン上かフォームの下に設置出来るように変更。 この文言は前のバージョンまでは 「 <div id=”throwsSpamAway”>日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)</div>」 と表示されるようにしておりましたが、この「div」タグを「p」タグに変更。 また、「コメント欄の下に表示される注意文言」を空白にした場合はタグ自体が挿入されないようにしました。 どうしても崩れてしまう方は注意文言を空白にして更新するようお願いいたします。 ※WordPress3.6以降のWordPressテーマ「Twenty Thirteen」で表示が崩れる事象が起きているための対策です。ご迷惑をお掛けしました。大変申し訳ありません。 ・バージョン2.5 「スパムちゃんぷるー(ベータ)」http://spam-champuru.livedoor.com/dnsbl/ を利用出来ます!スパムちゃんぷるーでスパム判定する機能です。 「IPアドレス 許可リスト」を導入しました。許可リストに登録されたIPアドレスからの投稿はノーチェックで投稿完了されます。 ※許可リストが一番強力にしてありますので、このIPアドレスがAkismetで捉えられていてもスパムちゃんぷるーでスパム扱いになったとしても優先で通過させます。 スパムデータベースの表示期間を指定するようにしました。また表示期間を過ぎたデータを削除することも出来るようにしました。 テストでスパム投稿したIPアドレスなどをスパムデータベースから削除する機能を付けました。 スパム投稿データに「スパムちゃんぷるー」の結果も付加しました。 ・バージョン2.4 スパム情報収集機能を「スパムコメント情報を保存する」にした場合に限り、「一定時間内スパム認定機能」が作動するように出来ます。 この「○」を設定します→《○分以内に○回スパムとなったら○分間、当該IPからのコメントはスパム扱いする設定》 例えば、「10分以内に2回スパムとなったら10分間、当該IPからのコメントはスパム扱いする」とした場合は 過去(今から)10分前から今まで2回スパム扱いとなったIPからの投稿は3回目以降スパム扱いとなります。 そのため、10分以内に3回目のスパムを作ってしまったためそこから10分以上経過しないとずっとスパム扱いになってしまいます。 今までのように「これは・・・・ダメ」「これは・・・・ダメ」「これは・・・・行けた!」「よっしゃーー!突っ込めー!」という風にはできなくなるということです。 上記の例はデフォルト値ですが、「1時間(60分)以内に3回スパムになったら24時間(1440分)スパム扱い」という設定の場合は 24時間以内に3回スパムがあったら・・・という設定とほぼ同等(完全に同等ではありませんが・・・)ですので 24時間の方に合わせる形で24時間以内のスパム回数を算出するようにしています。(今後見直すかもしれません) あまり長い時間を指定しますとコメント欄への反映が遅くなりますので気をつけてください。 5~10分程度を推奨します。 スパム投稿の一覧を見やすくしました。  これまでスパム投稿情報の表示が日付が一覧で縦表示していたため見づらいものとなっておりました。  今回、横軸にその情報を追加しました。  また、スパム投稿リストの表示も改良し、IPアドレス・スパム投稿数・最終投稿日でソートを掛けられるようにしました。 IPアドレス指定を「カンマ区切り」から「改行区切り」へ変更。スパム投稿IPアドレス情報に下記データ追加 ○IPアドレス ○ホスト名が特定出来た場合はホスト名 ○このIPアドレスからの最終投稿日時 ○このIPアドレスからスパム投稿を受けた記事(リンク) このバージョンよりファイル構成が変更になり、今まで「throws_spam_away.php」にプログラムのすべてが存在しましたが、プロセスの部分を 「throws_spam_away.php」に残し、クラスの部分を「throws_spam_away.class.php」に移しました。 これにより、throws_spam_away.class.php」を外部から読込みメソッドを使用することを目論んでいます。 ※まだ実験段階です。 ・バージョン2.3.1, 2.3.2 不具合修正 仕様は2.3のままです。 ・バージョン2.3スパムコメント数を保持出来るようにしました。設定を変更しないと機能しませんのでご注意ください。 保持データは下記の通り ○投稿日時 ○投稿された記事ID ○投稿元IPアドレス となります。 作成されるテーブル名は wp_tsa_spam(wp_の部分は設定されたもの) となります。 現在は スパム投稿したIPの件数(ユニーク) と スパム投稿総数 のみ表示中・・・・StatPressのような表示にしました。 また、現在まで「NGワード」に設定したものが 投稿者の「名前」に存在していた場合でも通っていましたが、「名前」にも効くようにしました。 (トラックバックでも同様に名前もNGワード対象に追加しています。) ・バージョン2.2 ‘http’を許容数(初期設定 3)を超えて包含する場合にエラーとする機能を付けました。 導入後すぐに機能しはじめます。制限数の増減も行えます。 (注意!)不要な方は設定の変更でこの機能をOFFにしてください ※インストールしただけで最大限活用できるように初期設定値を設定いたしました。日本語スパム投稿(おもにリンクを多数掲載するもの)に対抗するための追加機能です。ご理解のほど、よろしくお願いします。 ・バージョン2.1.1 一部レンタルサーバー等の設定によってコメント投稿後エラーまたは白画面になってしまう不具合を修正 ※確認したレンタルサーバー(さくらレンタルサーバー)※コメント欄に独自修正を行うような特殊な条件により発生する模様 ・バージョン2.1でIPアドレスの範囲指定を可能にしました。 ・バージョン2.0で、WordPressのcommentsテーブルを検索し「spam」扱いとなったコメントのIPを収集しそのIPからの投稿を無視出来る機能と任意のIPアドレスからの投稿を無視出来る機能をつけました。 ・バージョン1.7で、元の画面に戻ってくる際の挙動を修正しました。 エラー画面表示の時間を「0」に設定していた場合はエラー画面を一切介さずリダイレクトするようにしました。 0以上の場合の挙動は以前と変わらずJavaScriptで時間になったら戻ってきます。 ・バージョン1.6にてNGキーワードとは逆にコレが入っていないとダメという「必須キーワード」の設定が出来るようにしました。 日本語を入れれば良いため通ってしまいやすい「中国語」への配慮です。「が」や「の」や「は」など、日本語文章が成り立つ上で必ず使用するであろう「ひらがな」を入れることで効力が発揮されると思います。 ・バージョン1.5では「トラックバック」に対しても同様の規制を入れられるようになりました。 トラックバック記事の内容に日本語を含まないものを無視します。 加えて、トラックバック記事内にこちらのサイトのURLが含まれない場合、日本語が含まれていても無視するかどうかの設定も出来るようにしました。 制作:佐藤 毅(さとう たけし) 福岡のシステム開発 ホームページ制作 株式会社ジーティーアイ代表 Arbitrary section A brief Markdown Example

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project BDroppy
Rating of Project BDroppy on Cloodo

2 Reviews

BDroppy

BDroppy is auto importing product in you shop and auto manage stack from bdroppy server. requirment : Bdroppy account WooCommerce

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Community Events
Rating of Project Community Events on Cloodo

1 Reviews

Community Events

The purpose of this plugin is to allow users to create a schedule of upcoming events and display events for the next 7 days in an AJAX-driven box or displaying a full list of upcoming events.

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project ACF: Fields in Custom Table
Rating of Project ACF: Fields in Custom Table on Cloodo

1 Reviews

ACF: Fields in Custom Table

This ACF plugin makes it possible to store ACF data in structured database tables instead of WordPress core meta tables. It uses ACF’s acf/update_field_group hook to create/update the database and then uses acf/save_post hook to store the data. It was heavily inspired by Austin Ginder’s post https://anchor.host/acf-custom-fields-stored-in-custom-table/. You can contribute to this plugin by submit PR/Issue in https://github.com/eduardo-marcolino/acf-fields-in-custom-table. Supported Fields Text Text Area Number Range Email URL Password Image File Wysiwyg Editor oEmbed Select Checkbox Radio Button Button Group True / False Date Picker Date Time Picker Time Picker Color Picker Link Post Object Page Link Relationship Taxonomy User Relational Fields This plugin supports the following relational field types: Post Object, Page Link, Relationship, Taxonomy and User. It can store both single and multiple values based on the multiple option. If it’s a single value field, then the column type will be bigint(20) unsigned If it’s a multiple value field, then the column type will be longtext and the date will be stored in json format. You can query relational fields with multiple values using using MySQL’s function JSON_CONTAINS. Here is an example: Table: +---------+-------------------+--------+ | post_id | title | stores | +---------+-------------------+--------+ | 1 | Lord of the Flies | [1,2] | | 2 | The Island | [2] | | 3 | 1984 | [3] | +---------+-------------------+--------+ Query: SELECT * FROM wp_acf_books WHERE JSON_CONTAINS(stores, 2, '$') The query above will return “Lord of the Flies” and “The Island”. ACF Compatibility This plugin was tested with ACF 5 FREE Version .

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Admin Bar Tools
Rating of Project Admin Bar Tools on Cloodo

1 Reviews

Admin Bar Tools

What is Admin Bar Tools? This plugin allows you to add useful links to the admin bar. In order to check PageSpeed ​​Insights, Twitter search, and Google index, you had to open each site and copy and paste the URL to confirm it until now. But Admin Bar Tools allows you to do it in just one click. This is very innovative. You can access each tool from individual pages, articles, and management screens, which eliminates the troublesome operations. We’re glad that you can concentrate on writing. Arbitrary section Language English (United States) Japanese Location العربية Български Català Čeština Dansk Deutsch Ελληνικά English (United States) English (UK) Español Suomi Tagalog Français हिन्दी Hrvatski Magyar Bahasa Indonesia Italiano עִבְרִית 日本語 한국어 Lietuvių kalba Latviešu valoda Nederlands Norsk bokmål Polski Português do Brasil Português Română Русский Slovenčina Slovenščina Српски језик Svenska ไทย Türkçe Українська Tiếng Việt 简体中文 繁體中文

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Auto Quote
Rating of Project Auto Quote on Cloodo

1 Reviews

Auto Quote

The Auto Quote plugin enables your website to automatically collect leads for your products and services. Plus, it saves you time by automating the process of creating quotes for your leads. It integrates an online form that prompts visitors to provide their contact details, and what they are looking for. Then it creates an instant quote, and contacts your new lead via email. Native integration with HubSpot CRM. Native integration with Pipedrive CRM. Native integration with selected ActiveCampaign list. ActiveCampaign tracking code insertion. Option to use 3rd party webhook URL. Thank you page redirection, can be used for tracking purposes. Easily allow website visitors to get an instant quote for your services. Helps you gather and segment more high-value leads. Decrease the lag time to make a lead into a client. Helps you to save valuable time through automation. Fully customizable. The tool can be automated with your products/services and prices. You can customize the form with your own company branding. You can also completely personalize the text of the email that will be automatically sent out. The quote is delivered via email in PDF format, based on the simple modifications that you provide within the auto quote plugin dashboard. GRIT Online

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project Widget Responsive for Youtube
Rating of Project Widget Responsive for Youtube on Cloodo

0 Reviews

Widget Responsive for Youtube

Widgets + ShortCode responsive to embed youtube in your sidebar or in your content or in WPBakery Page Builder, with all available options and http://schema.org/VideoObject fields. Among the various options you can choose: – Choosing minutes and seconds of the start and end of the video – Automatically subtitles On/Off – Auto hide video progress bar – Choose theme of controls bar – Choose color of progress bar – Show controls bar or not – Loop mode – Enable fullscreen On/Off – Automatically start video On/Off – Mute video On/Off on start – Hide YouTube logo On/Off – Hide title On/Off – Enabling Privacy Mode On/Off – Enable the suggested videos at the end of playback On/Off – Can be set max-width – Tracking playing for each video on analytics event – Use the fields http://schema.org/VideoObject to improve the SEO on video – Write description below video – YouTube Button subscribe Languages: EN, IT, AR, DE, ES, FR, HE, HI, RU, ZH, PT, DA (thanks to Amlugil, quadbox, Ksenia, Dietz, Daniel Severo Estrázulas, Ole Lyager and google Translate) Help me to keep the software up to date Donate just 1 coffe here ShortCode Params video (required) The link at the video “http://www.youtube.com/watch?v=_9tBFVKhn5o” or link to playlist like “https://www.youtube.com/watch?v=KQ6zr6kCPj8&list=PLatuTuqWSQmViIeVthG2y9YssDtm8EvYt” or link to playlist like “list=PLatuTuqWSQmViIeVthG2y9YssDtm8EvYt” or only the id of video like _9tBFVKhn5o or link to uploads video of user “list=LMFAOVEVO&listType=user_uploads” list (supported players: AS3, HTML5) The list value of link (you can put entire url on video without use this param) autohide (supported players: AS3, HTML5) Values: 2 (default), 1, and 0. This parameter indicates whether the video controls will automatically hide after a video begins playing. The default behavior (autohide=2) is for the video progress bar to fade out while the player controls (play button, volume control, etc.) remain visible. If this parameter is set to 1, then the video progress bar and the player controls will slide out of view a couple of seconds after the video starts playing. They will only reappear if the user moves her mouse over the video player or presses a key on her keyboard. If this parameter is set to 0, the video progress bar and the video player controls will be visible throughout the video and in fullscreen. autoplay (supported players: AS3, HTML5) Values: 0 or 1. Default is 0. Sets whether or not the initial video will autoplay when the player loads. mute (supported players: AS3, HTML5) Values: 0 or 1. Default is 0. Sets whether or not the video mute when the player loads. cc_load (supported players: AS3) Values: 1. Default is based on user preference. Setting to 1 will cause closed captions to be shown by default, even if the user has turned captions off. cc_lang (supported players: AS3) ISO 639-1 two-letter language code [ex. en] color (supported players: AS3, HTML5) This parameter specifies the color that will be used in the player’s video progress bar to highlight the amount of the video that the viewer has already seen. Valid parameter values are red and white, and, by default, the player will use the color red in the video progress bar. See the YouTube API blog for more information about color options. controls (supported players: AS3, HTML5) Values: 0, 1, or 2. Default is 1. This parameter indicates whether the video player controls will display. For IFrame embeds that load a Flash player, it also defines when the controls display in the player as well as when the player will load: controls=0 – Player controls do not display in the player. For IFrame embeds, the Flash player loads immediately. controls=1 – Player controls display in the player. For IFrame embeds, the controls display immediately and the Flash player also loads immediately. controls=2 – Player controls display in the player. For IFrame embeds, the controls display and the Flash player loads after the user initiates the video playback. disablekb (supported players: AS3) Values: 0 or 1. Default is 0. Setting to 1 will disable the player keyboard controls. Keyboard controls are as follows: Spacebar: Play / Pause Arrow Left: Jump back 10% in the current video Arrow Right: Jump ahead 10% in the current video Arrow Up: Volume up Arrow Down: Volume Down start_m (supported players: AS3) End of video at start_m:start_s start_s (supported players: AS3) End of video at start_m:start_s end_m (supported players: AS3) End of video at end_m:end_s end_s (supported players: AS3) End of video at end_m:end_s allowfullscreen (supported players: AS3) Values: 0 or 1. The default value is 1, which causes the fullscreen button to display. Setting this parameter to 0 prevents the fullscreen button from displaying. loop (supported players: HTML5, AS3) Values: 0 or 1. The default value is 0. In the case of a single video player, a setting of 1 causes the player to play the initial video again and again. In the case of a playlist player (or custom player), the player plays the entire playlist and then starts again at the first video. iv_load_policy (supported players: AS3, HTML5) Values: 1 or 3. Default is 1. Setting to 1 will cause video annotations to be shown by default, whereas setting to 3 will cause video annotations to not be shown by default. modestbranding (supported players: AS3, HTML5) This parameter lets you use a YouTube player that does not show a YouTube logo. Set the parameter value to 1 to prevent the YouTube logo from displaying in the control bar. Note that a small YouTube text label will still display in the upper-right corner of a paused video when the user’s mouse pointer hovers over the player. suggested Show suggested videos when the video finishes showinfo (supported players: AS3, HTML5) Values: 0 or 1. The parameter’s default value is 1. If you set the parameter value to 0, then the player will not display information like the video title and uploader before the video starts playing. If the player is loading a playlist, and you explicitly set the parameter value to 1, then, upon loading, the player will also display thumbnail images for the videos in the playlist. Note that this functionality is only supported for the AS3 player since that is the only player that can load a playlist. theme (supported players: AS3, HTML5) This parameter indicates whether the embedded player will display player controls (like a play button or volume control) within a dark or light control bar. Valid parameter values are dark and light, and, by default, the player will display player controls using the dark theme. quality Valid parameter values are small medium large hd720 hd1080 highres ratio Valid parameter values are 16/9 21/9 4/3 9/16 9/21 N.nnnnn privacy Enable privacy-enhanced mode class Set class at the video iframe style Set style at the video iframe maxw Set max-width in px at the video iframe maxh Set max-height in px at the video iframe track Values: 0 or 1. The parameter’s default value is 0. If you set the parameter value to 1, you will find on Google Analytics/Universal Analytics the event on “YoutubeWidgetResponsive” – “Playing” – “Title video | idvideo [author]” schemaorg_name Name field required for printing schema.org snippet schemaorg_thumbnail thumbnail (ID or URL) field required for printing schema.org snippet schemaorg_uploaddate Upload date (YYYY-MM-DD format) field required for printing schema.org snippet schemaorg_description Description field required for printing schema.org snippet schemaorg_description_visible Values: 0 or 1. The parameter’s default value is 0. If you set the parameter value to 1, you will show the description below the video schemaorg_durationm Duration of video in minutes schemaorg_durations Duration of video in seconds

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo Project WooCommerce – Store Exporter
Rating of Project WooCommerce – Store Exporter on Cloodo

0 Reviews

WooCommerce – Store Exporter

Premium | Documentation Store Exporter for WooCommerce creates Product, Order, Category, Tag and User exports to suit your store requirements, simply click Quick Export to produce concise, ready to use Excel spreadshseets. Screen-loads of filters and options are available to customise each export type, with native export integration of 125+ WooCommerce Plugins. Supported since 2012 Store Exporter for WooCommerce is maintained by an active community of store owners and developers providing feature suggestions and feedback. This advanced WooCommerce export Plugin maintains compatibility with the latest WooCommerce releases through regular Plugin updates, we also proudly maintain compatibility with legacy releases of WooCommerce. WooCommerce export types Export Products Export Categories Export Tags Export Brands (*) Export Orders Export Customers (*) Export Users Export Coupons (*) Export Subscriptions (*) Export Product Vendors (*) Export Bookings (*) Export Commissions (*) Export Shipping Classes (*) Export Attributes (*) WooCommerce export features Toggle and save export fields Field label editor (*) Scheduled exports (*) Export templates (*) Compatible with WordPress Multisite Compatible with WPML (WordPress Multilingual) (*) Compatible with WP-CLI (*) Export to CSV file Export to TSV file (*) Export to Excel 2007 (XLS) file (*) Export to Excel 2013 (XLSX) file (*) Export to XML file (*) Export to RSS file (*) Export to WordPress Media Export to e-mail addresses (*) Export to fixed filename (*) Export to remote FTP/FTPS/SFTP (*) Export to remote POST (*) Supports external CRON (*) See our WooCommerce export Plugin in action (Thanks to Martha Waugh!) WooCommerce export filters Export Products by Product Category/Tag Export Products by Product Status Export Products by Type including Variations Export Products by Stock Status/Quantity Export Products by Featured Export Products by Date Modified Export Orders by Order Date Export Orders by Order Status (*) Export Orders by Customer (*) Export Orders by Billing/Shipping Country (*) Export Orders by Product (*) Export Orders by Product Category/Tag/Brand (*) Export Orders by Order ID/Invoice Number (*) Export Orders by Payment Gateway/Shipping Method (*) Export Orders by Coupon Code (*) Export Customers by Order Status (*) Export Customers by User Role (*) (*) Requires the Pro upgrade to enable additional store export functionality. Native export integration with 110+ WooCommerce Plugins Just a few of the features unlocked in the Pro upgrade of Store Exporter include: Export All in One SEO Pack Export Advanced Google Product Feed Export Product Addons Export Sequential Order Number Pro Export Checkout Manager Export Checkout Manager Pro Export Checkout Field Editor Export Cost of Goods Export Per-Product Shipping Export Print Invoice & Delivery Note Export Local Pickups Plus Export WooCommerce Subscriptions Export Checkout Field Manager Export Currency Switcher Export WooCommerce PDF Invoices & Packing Slips Export WooCommerce Checkout Add-ons Export Product Vendors Export WooCommerce Jetpack Import fields for Product Importer Deluxe … and many more free and Premium extensions for WooCommerce and WordPress. For more information visit our site. Happy exporting! 🙂 Usage Open WooCommerce > Store Export from the WordPress Administration Select the Export tab on the Store Exporter screen Select which export type and WooCommerce details you would like to export Click Export Download archived copies of previous exports from the Archives tab Done! Support If you have any problems, questions or suggestions please create a topic here on the Store Exporter dedicated forum. Store Exporter on w.org Disclaimer It is not responsible for any harm or wrong doing this Plugin may cause. Users are fully responsible for their own use. This Plugin is to be used WITHOUT warranty.

This project was last updated September 21, 2022 byCloodo

Logo cloodo.com

Cloodo helps to accellerate Digital Transformation for any business with Know-How Agencies supported by Smart Project Management Apps and Secured Payment for Final Result

Cloodo is a trademark of Cloodo Inc, an Atlas company with registered address at Suite 206, 651 N Broad St , MiddleTown, NewsCattle, Delaware, US

Get it on Google Play
Logo icon cloodo.com

Cloodo Inc. Copyright ©2011-2021 All Rights Reserved.